tyre navi cup miyagi gymkhana
Home | News | Gymkhana | 大会要綱 | シード選手 | リザルト | Extreme | 写真館 | 牛タン | GRM | 掲示板 | Link | mail

2009年大会第1戦(2009/5/17)

前日まで続いた五月晴れが一転、霧と雨がコースを覆う中で今年の『タイヤナビ・ライスポカップジムカーナシリーズ』の第1戦が開幕した。当日は関東でのJAGE戦と日程が重なったため、昨季のチャンピォンである赤畑さんら常連組数名が欠席したが、宮城隣県のほかにも遠路青森や新潟からの参戦もあり17名がエントリーした。

「晴れ男の効果もなくなりましたかねぇ(笑)」と話すのは主催者でもある畠山茂氏。今回は仕事の関係で滞在中の新潟から『教え子』を引き連れての参加となった。「長岡技術科学大学の部活動の一つ(二輪部)で教えています。ジムカーナに興味をもってくれるのはうれしいですし、続けていってもらいたいですね」とさらなる競技の普及に期待をこめて話す。今後も要望があれば各地で講習を行うそうだ。

その畠山氏が設計した今大会のコースは、会場特有の滑りやすい路面状況を考慮し、雨を意識してのセクション設定となった。具体的には路面の荒れが少ないところを使って、回転やターン、スラロームを中心に設置。マンネリ化を防ぐためにいつもとは逆まわりのレイアウトを敷いた。さらにアクセルやブレーキの基本操作を重視したセッティングにして、ハードブレーキングが必要な中盤のフリーターンの出入りをタイムアップのキモに挙げたコースとした。だが実際にはスタート直後の狭路パイロンターンや、スラロームのリズミカルなこなし方、つなぎのパイロンの入り方など上級者にもトラップが点在した難コースとなっていたのである。

5名が参加したNクラスは、新潟から初参戦の多田健太がオフ車で独走。1本目からミスコースなく、後続に10秒の差をつけると2本ともに追撃を許さず完勝となった。次戦からB1(!!)クラスへ昇格となる。後続争いは1本目にタイムを伸ばした齋藤真と一色順子を軸に、吉田祐樹、管野アキヒロの4つ巴での混戦。2本目にタイムを更新した一色が斉藤をコンマ6秒上回って、逆転で2位を獲得した。

同じく5名参加のCクラスは、やはり新潟から参戦の八木啓介が後続を全く寄せつけず2本ともにタイムをそろえて優勝。多田選手とともに当日朝4時半に軽トラでやってきた疲れをみじんも感じさせない快走で、次戦からは何と大会初の一気に飛び級Aクラスへの昇格が決定した。2位はXR100を駆る鈴木信行がノーペナの走りで総合9位と好走。3位の坂尾一則も総合11位ながらトップ比の大会規定により、鈴木とともに上位クラスへの昇格が決まった。

B2クラスはビッグバイク同士の一騎打ち。細かなパイロンのコースは大型車には不利と思われたが、高橋昭彦、後藤謙一両選手ともそれを感じさせない見事な走りを披露。特に優勝の高橋選手には畠山氏も「アクセルワーク、ブレーキングの的確さともにすぐれていた」と感心するほどの走りで総合3位を獲得し、こちらも飛び級でAクラスへの昇格を手にした。


ここまで下位クラスからの昇格が多いと、言うまでもなく常連2名のB1クラスも負けられない。平野健太郎と一色浩のマッチレースは、ノーペナの平野と1ペナの一色がコンマ2秒差で決着した。優勝は平野で2本目にリアブレーキペダルを折るアクシデントがあったが1本目のタイムで逃げ切り優勝を果たした。同時に2名ともAクラスへの昇格が決まった。

3名参加のAクラスは下位クラスの突き上げがあったものの、ベストタイムでは約1秒ほどのマージンをもってトップクラスのメンツを保った。「これだけの昇格者(7名)が出たのは、大会が重なって有力選手が参戦しなかったことと、いかにAクラスがふがいなかったか」(畠山氏)の言葉通りで、雨の状況が悪かった1本目、好転した2本目ともにノーペナで総合を譲らなかったのが、せめてものAクラスの面目躍如といったところだが、いかんせんタイムが伸びなかった。1本目はNクラスの多田選手のマシンを駆った畠山茂がトップに。2番手に加藤裕治、吉方聡と続いた。路面が好転した2本目は先行の吉方が一気にタイムを上げて総合トップに出ると、加藤もコンマ3秒差までせまるも逆転はならず。畠山は中盤での転倒がひびいてタイムアップができず、そのまま吉方が総合優勝を飾った。

第2戦は7月20日(月)海の日の祝日開催が決定済み。「今回昇格しちゃった方々は天候が良くなって、上位陣が帰ってきたら少し大変かもしれません!(笑)」(大会MC高橋光孝氏)と笑いを誘ったが、果たしてその結果はいかに。次戦以降は秋に開催される『ジムカーナジャパン』の選考大会となるので、新たな昇格者たちの活躍も楽しみなところだ。リザルトはこちら

0001.jpg
0002.jpg
0003.jpg
総合優勝 吉方選手
0004.jpg
総合優勝 吉方選手
0005.jpg
0006.jpg
0007.jpg
B1優勝 平野選手
0008.jpg
B1優勝 平野選手
0009.jpg
0010.jpg
0011.jpg
B2優勝 高橋選手
0012.jpg
B2優勝 高橋選手
0013.jpg
0014.jpg
0015.jpg
0016.jpg
0017.jpg
0018.jpg
0019.jpg
C優勝 八木選手
0020.jpg
C優勝 八木選手
0021.jpg
0022.jpg
0023.jpg
0024.jpg
0025.jpg
0026.jpg
0027.jpg
N優勝 多田選手
0028.jpg
N優勝 多田選手
0029.jpg
0030.jpg
0031.jpg
0032.jpg
0033.jpg
0034.jpg
0035.jpg
0036.jpg
0037.jpg
A Class
0038.jpg
B1 Class
0039.jpg
B2 Class
0040.jpg
C Class
0041.jpg
N Class
0042.jpg
BB Class
0043.jpg
Ladies Class
0044.jpg
0046.jpg