tyre navi cup miyagi gymkhana
Home | News | Gymkhana | 大会要綱 | シード選手 | リザルト | Extreme | 写真館 | 牛タン | GRM | 掲示板 | Link | mail

2005年大会第6戦(2005/11/6)

ここ3戦は山形遠征や自動車学校での開催が続いたが、最終戦となる今大会は6月に行われた第2戦以来久しぶりにホームコースともいえる『名取スポーツパーク』へと帰ってきた。幅員が広く、コース路面・レイアウトともに完全整備された前3戦とはうってかわって、すべりやすい一般舗装の駐車場にパイロンが点々と並べられたショートコースは気軽に参加できる『ジムカーナの原点』とも言えそうだ。

当日は晩秋を向えて涼しい一日ではあったが、青森や関東からの遠征組9名を含む43名がエントリーした。特にAクラスにはJAGE A級に昇格を果たしたばかりの池田秀一選手が参戦し、今季昇格を争った地元の赤畑彰頼選手とのライバル対決が注目となった。

今大会のコースは、前半部分にパイロン間を大きくとった回転と細かな回転とを織りまぜてあり、後半はパイロンを大まかに使ってスピードがのるように設計。ゴール前にフリーターンと、のの字ターンをおいてテクニカルな形をとった。この設定ではスピードよりも細かい箇所でいかにタイムロスをしないかが記録を伸ばすキモであり、結果として各クラスともに小排気量車が上位を占める形となったが、攻略の基本としては各セクションへの出入り部分でのライン取りや、シフトアップ・ダウンのタイミング、路面に合わせたアクセルワークといったジムカーナ競技の基本操作を慣熟歩行の間にしっかりとイメージできるかが重要であった。

Nクラスには13名が参戦し、前戦に続いて半数以上をミニバイクとモタード車が占めた。優勝はNSR50を駆った大門哲也で、1本目こそ記録なしに終わったが2本目に総合22位に入る好タイムで快走して今季初表彰台を優勝で締めた。2位にはホーネット900で大健闘の佐藤隆が入賞。今季3度目の表彰台でコースを選ばない強さが証明された。3位にはストマジに乗る前田健一が入り、今季2度目のお立ち台となった。

レディスクラスは佐藤実子がN5位、一色順子がN6位と健闘し、赤畑綾子、林美奈子の2名も2ヒートをリタイアすることなく完走した。そのうち佐藤がB2クラスの青木麻希子、Cクラスの畠山香織についでレディス3位に入賞した。

8名が参戦したCクラスは、前戦で昇格したばかりの高橋昭彦が2本ともに他を寄せ付けない速さで逃げ切り、総合でも16位に入る好記録で圧勝した。2位には2本目に5秒も記録を縮めた千葉賢光が逆転入賞。3位争いは加藤克博と佐々木拓也が2スト対決で競り合ったが加藤が逃げ切った。

車種構成が楽しいB2クラスは今回も小から大排気量までがまんべんなくそろった。優勝の八重樫誠祐は第3戦山形大会で2位に入賞しており、今季2度目の参戦で見事トップを勝ち取った。2位の平野佑馬は前戦に続いての連続入賞。3位には2ヒート目に3秒近くタイムアップして後続を大きく引き離した青木麻希子が入った。

常連組と遠征組の対決となることが多いB1クラスは今大会も2名の遠征組を迎えたが、1本目から斎藤晴貴と佐藤真二の常連組2名が圧倒的タイムで抜け出し、後続は5秒から10秒もの差をつけられた。2本目はさすがに後続陣が大きく記録を伸ばしてきたが、それでも上位2人は更なるタイムアップで逃げ切りコンマ差の勝負の結果、斎藤が優勝、佐藤が2位となった。

Aクラスは今季のランキング上位陣が全員そろって遠征組の池田秀一、中田正人の2名をむかえ、計7名がそれぞれのテクニックを披露した。1本目トップに立ったのは赤畑彰頼で、後続を4秒近く引き離す1分02秒台を記録。気温や路面温度を考えると想定最速タイムを超える好記録だ。2番手には新井隆光がつけ、以下コンマ差で畠山茂、中田、松浦健次と続く。期待の池田は3ペナが響いて出遅れた。2本目は先走の池田に逆転の注目が集まるが、歯車がかみ合わずに記録を伸ばせない。中田や新井も後退する中、松浦が一気にタイムをつめて2位に躍進するがトップには届かず、渾身の走りを魅せた畠山も逆転はならなかった。この時点で優勝の決まった赤畑は最終ランナーとして集中を切らさずにベストの走りで観衆を魅了、1本目のタイムをさらに縮めて完勝を果たした。

大会終了後の表彰式では年間表彰も行われ、畠山茂がチャンピォンに輝いた。JAGE戦での欠場があった赤畑彰頼は2位、新井隆光が3位となった。赤畑は来季に向け「今季逸したJAGE A級昇格とライスポカップチャンピォンの2冠を目指したい」との抱負を語ってくれた。リザルトはこちら

追伸
来季の開催日程は未定ですが、今シーズン同様に自動車学校と名取スポーツパーク駐車場との併用で行っていく予定です。今年御参加いただいた皆様には感謝すると同時に、来年も継続参戦して楽しんでいただけるよう『東北二輪ジムカーナクラブ』一同、スムーズな運営により一層努力していきたいと思います。本年は本当にありがとうございました。

【アルバム】

A B1 B2 C N  表彰式

※大きいサイズの写真あります。ご希望の方はこちらまで※