tyre navi cup miyagi gymkhana
Home | News | Gymkhana | 大会要綱 | シード選手 | リザルト | Extreme | 写真館 | 牛タン | GRM | 掲示板 | Link | mail

2002年大会5戦(2002/9/29)


悪天候の予想を見事に裏切って、夏のような陽射しが照りつけた『タイヤナビ・ライスポカップジムカーナ』の第5戦。県の北部にある気仙沼市の『気仙沼中央自動車学校』を舞台に、初参加6名を含む総勢36名がタイムトライアルにいぞんだ。今大会は高校生や近郊の選手も多く、ギャラリーもいつも以上につめかけて和やかな雰囲気の中で行われた。

東北一と言われるコース面積と広い幅員を生かした今回のレイアウトは、参加者が増えているリッターバイクの良さを存分に引き出せる高速コースとなった。その中にオフセット・スラロームや変形8字、また通称『エスカルゴ』と呼ばれる渦巻き状のセクションがポイントとして設けられた。

決勝ヒート1本目は、長く複雑なレイアウトに対する戸惑いからかミスコースが相次いだが、2本目には各ライダーの頑張りでタイムが大きく伸びた。

NクラスはDio-ZXを駆る小松英明が1本目、2本目ともにノーミスで圧勝した。総合でも8位にランクするタイムはAクラスのスクータ勢を上回る好記録で、次戦からのBクラス昇格も手にした。またNクラスに編入されているレディスの赤畑綾子がクラス4位をゲットし、畠山香織もコンマ差で5位を獲得した。キッズの有住沙耶ちゃんも2本共に完走を果たした。

Bクラスは菊池永一が2本目にトップタイムを出し、総合でも5位に入った。

Aクラスは今期3勝目を狙う畠山茂と、3戦連続2位で初優勝を飾りたい赤畑彰頼の一騎討ちとなった。1本目は先行の赤畑が当学校の教官である地の利を生かしてトップタイムをマーク。対する畠山は2度のミスが響き4位にとどまった。だが2本目は、先行の畠山が1本目をリカバリーする完璧な走りで赤畑のタイムを2秒以上詰めて逆転。一方の赤畑は地元選手の応援を背に、その独特のアクセルワークで熱走するが、畠山に1秒1及ばず、4度目の2位獲得となった。

大会終了後には、10/13有明で開催される全国大会の東北代表選手が発表された。選出された畠山茂、高橋武、加藤裕治、赤畑彰頼、大橋文昭の5名の検討を期待したい。ライプポカップは次戦11/10のHSR宮城での開催が今期最終戦となる。リザルトはこちら


001.jpg
総合優勝 畠山茂
002.jpg
003.jpg
004.jpg
005.jpg
006.jpg
007.jpg
008.jpg
009.jpg
010.jpg
011.jpg
012.jpg
013.jpg
014.jpg
015.jpg
016.jpg
017.jpg
018.jpg
019.jpg
020.jpg
021.jpg
022.jpg
023.jpg
B優勝 菊池永一選手
024.jpg
025.jpg
026.jpg
027.jpg
028.jpg
029.jpg
030.jpg
031.jpg
032.jpg
033.jpg
034.jpg
035.jpg
036.jpg
037.jpg
038.jpg
039.jpg
040.jpg
041.jpg
N優勝 小松英明選手
042.jpg
043.jpg
044.jpg
045.jpg
046.jpg
047.jpg
エスカルゴ
048.jpg
049.jpg
050.jpg
051.jpg
052.jpg
誕生日に総合優勝
*ふぅー*
053.jpg
A Class
054.jpg
B Class
055.jpg
N Class
056.jpg
BigBike Class
*エッヘンッ*
057.jpg
Ladies Class
*エーン*
058.jpg
Kid's Class
*左の女性は違います*
060.jpg
 
061.jpg
全国大会選抜選手